【通研支部会則】

 

日比谷同友会通研支部会則

 

(名称、事務所)

第1条    本会は日比谷同友会通研支部と称し、日比谷同友会の支部として支部および事務局を武蔵野市緑町3-9-11武蔵野研究開発センタ内に置く。

 

(会 員)

第2条    本会の会員は、日比谷同友会会員で研究開発関連組織に在勤した者をもって組織とする。

 

(目 的)

第3条    本会は、日比谷同友会会則の事業に準拠し、会員相互の連絡親交を密にし、併せて日本電信電話株式会社および東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社、NTTコミュニケーションズ株式会社ならびにNTTグループ会社(以下日本電信電話株式会社等という)の研究開発関連組織の事業および業務に寄与することを目的とする。(平成12914日実施)

 

(事 業)

第4条 本会は、日比谷同友会会則の事業に準拠し、次の事業を行う。

1.       支部会員情報の交流

2.       日本電信電話株式会社等の研究開発関連組織と会員との連絡、ならびに日本電信電話株式会社等の研究開発関連組織の事業および業務に関し必要な協力(平成12914日実施)

3.       懇親会等の開催

4.       その他目的を達成するために必要とみられる事項

 

(支部役員)

5条 支部に次の役員を置く。

              支部長  1

              副支部長 1

              理事   若干名

              監事   1

 

(役員の選任)

第6条    役員の選任は次の基準による。(日比谷同友会会則)

1.       支部長、副支部長は、支部理事会で推薦し支部総会の承認を得るものとする。

2.       理事、監事は支部総会で選任する。

 

(役員の任期)

第7条    役員の任期は2年とする。ただし、欠員が生じた場合の補欠の役員の任期は前任者の任期とする。

 

(機 関)

第8条    本支部に次の機関を置く。

1.       総会  総会は全役員をもって組織し年1回支部長が招集する。

2.       理事会 理事会は支部長、副支部長、理事、監事をもって構成し、随時必要に応じて支部長         が召集する。理事会は支部会務の執行に必要な事項を審議決定する。

 

(顧問、参与)

第9条    本会に顧問、参与を置くことができる。顧問、参与は理事会の推薦により支部長が委嘱する。

 

(会 計)

第10条 本部長の経費は日比谷同友会からの支部運営費、その他をもって充てる。本支部の会計年度は、毎年41日に始まり翌年331日までとする。ただし 初年度は支部の結成日より翌年331日までとする。会計は支部長が指名した理事が担当する。

 

第11条 支部会員の登録、削除は日比谷同友会会員としての資格の取得、喪失による。支部会員が同友会他支部(設置された場合)に重複登録されることは防げない。

 

第12条 本会則に定めない事項および事業執行の細則は、理事会において定める。

 

(付則)

 本会則は平成4911日から実施する。